家族のよろこぶ顔が見たいから。食文化を演出するには健康、おいしさ、やさしさが基本です

食卓が舞台だとすれば食卓には、夢がある。
お肉という役者が舞台監督によって料理され見事な演技を披露する。
食卓を囲む”観客”はその演技に魅了され「おいしい」とつぶやく。
どんな場面でもお肉という役者は舞台の上で精一杯観客を楽しませ、夢を与えるのです。

ハヤオのおいしい流通システム

最新設備とスタッフの技術

 ハヤオは契約飼育農家と協力し、良質の食肉の生産指導にあたり、生産者から直接荷受けしています。当社神指工場は会津若松食肉事業協同組合の食肉センターと隣接し、食肉センターで処理された枝肉はそのままレールで神指工場に運び込まれます。したがって、鮮度の良さでは他の追随を許しません。
 工場でカット抜骨し、整形された食肉は配送センターから、本社加工工場や専門店、スーパーなどに配送されます。

kodawari1

新鮮で安全なおいしい食肉を

 ハヤオは質の高い食肉を多くの消費者の方々に提供するために、飼育の指導から生産、販売まで一貫した食肉流通システムを確立しております。また、本社加工工場では当社のオリジナル加工製品をはじめ、「馬油」などの二次加工による高度利用化をすすめております。
 ハヤオの製品は県内の食肉専門店、デパート、スーパーマーケット、ホテル、レストランを通じて、毎日消費者の方々の楽しい食生活のお手伝いをしているのです。

kodawari2