福島牛

products1

福島牛は黒毛和種で牛肉の格付けで2・3は福島牛、4・5は銘柄福島牛というように別れています。

詳しくはこちら

健育美味豚(ハヤオオリジナル商品)

products2

健育美味豚はハヤオのオリジナル商品です。経済性よりも肉質を重視して育てており、ビタミンEが通常の豚肉の約3倍、飽和脂肪酸やオレイン酸が多い等の特徴があります。

詳しくはこちら

会津銘産 馬刺し

products3

ハヤオの馬刺しは弊社で最も衛生的なクリーンルームで加工され安心安全な馬刺しに仕上がっています。会津の風土が育んだ馬肉は、その色の鮮やかさから別名「サクラ肉」と呼ばれています。

詳しくはこちら

ごあいさつ

 豊かな自然と水に恵まれ、飼育に適した会津で、当社は昭和33年に食肉卸業として設立いたしました。以来、「人々の豊かで健康な食生活」に寄与すべく努力してまいりました。創業当時は、まだ戦後の混乱期にあり、「食べる」こと自体が必要な時代でした。
 しかし、その後の日本経済の発展により、食文化も大きく変化しました。とくに食肉業界においては、食生活の欧米化がすすみ、消費者のニーズはますます増大する一方です。しかも、それが多様化してまいりました。
 当社は、直接生産者から荷受けし、専門店、スーパー、レストランなどに卸す食肉流通の一貫システムをとってまいりましたが、今後は多様化する時代の流れに対応して食品加工の分野にも力を注いでまいりたいと思っております。食品加工については、昭和50年に東北地方でははじめて、生肉を真空パックしたチルドの製品化に成功するなどの実績をもっております。そうした実績をふまえ、食品加工センター的な役割をはたしていくつもりでございます。
 また、自然のサイクルを重視し、「馬油」の商品化など、食肉の高度利用を図ってまいります。
 「新鮮で安全な食肉」を提供していく使命を負っていることはいうまでもありません。近代的設備をさらに充実させ、皆様に満足していただける総合食肉メーカーとして、努力してまいる決意でございます。今後ともよろしくご指導、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 早尾 武章